reports

reports

AWS App Runner が Ruby のソースコード連携に対応してなくて面倒?そんなときは Cloud Native Buildpacks

先日 AWS に App Runner という新サービスがリリースされました。 コンテナイメージの作成を自動でやってくれる Cloud Native Buildpacks と GitHub Actions を使って、Dockerfile を書かずに App Runner で Ruby のアプリケーションを起動してみようと思います。

Read
reports

AWS App Runner を早速さわってみた【接続数でオートスケーリング・ゼロスケール(?)】

本日 (2021/05/19)、AWS に App Runner というサービスがリリースされました。 App Runner は、コンテナアプリケーションを非常に簡単にデプロイできるサービスのようです。 GitHub と連携した自動デプロイや、接続数でのオートスケーリングを試したのと、ゼロスケールのような挙動に気付いたので、そのあたりをまとめました。

Read
reports

IT エンジニアが電子政府 e-Estonia について調べてみた

日本政府のデジタル化については昨今話題となっていますが、電子政府といえばエストニアが最も有名です。 自分もなんとなく耳にしたことがあるくらいだったので、エストニアの電子政府について調べてみました。

Read
reports

プログラムによる祝日の判定方法まとめ【独自実装・Web API・ライブラリ】

祝日の判定方法には「元データを入手して独自に API やライブラリを実装する」、「Web API を判定のたびに叩く」、「ライブラリを使う」の 3 種類の方針があります。 この 3 つの方針について順に解説していきます。

Read
reports

Cookie の Domain 属性と SameSite 属性の違い

Cookie の安全な設定について調べていると登場する SameSite 属性は、Google Chrome の仕様変更の話もあり、耳にしたことがある方も少なくないと思います。 Cookie には SameSite 属性と間違えやすい設定として Domain 属性もあり、片方だけ設定すればいいのか、どう使い分けるものなのかが一見分かりにくいのではないでしょうか。

Read
reports

anyenv vs asdf vs Docker で asdf を使う理由

複数のプログラミング言語の複数バージョンを管理するツールとして、anyenv や asdf が存在します。 この 2 つのツールを比較し、自分は今後 anyenv ではなく asdf を採用することに決めたので、その理由を解説します。 また、開発環境として一般的になってきている Docker を使う場合とも比較します。

Read
reports

開発環境としての macOS 仮想化の現状

開発環境をクラウド化したいと考えたとき、問題になるのが macOS の仮想化です。 というのも、iOS アプリのビルドに必要な Xcode が macOS にしかインストールできないため、iOS 開発では macOS が必須なのです。 そこでこの記事には、開発環境を全てクラウド化することが現実的に可能なのか知るべく、macOS 仮想化の現状をまとめました。

Read
reports

[2020/7/12 時点] AWS Copilot v0.1.0 でどこまでできそうか

ECS の環境構築を非常に簡単にするツール「AWS Copilot」が少し話題になっています。 今まで ECS の環境構築がかなり面倒だったのが、びっくりするほど簡単になるようです。 こういったツールでは様々なリソースが勝手に作られる分、それらの設定をどこまでカスタマイズできるのかが気になるところだと思います。

Read
reports

CI 大好きエンジニアによる CI サービス (ツール) の分類・比較と選定方法・学習方法

今まで仕事や勉強で様々な CI サービスをさわってきたので、様々な CI サービスを比較し、どのように選定すべきか、どのように学習すべきかをまとめました。 独自に 5 つに分類した 10 のサービス (ツール) を簡単に比較していき、その後どれを使うべきか、どう学習すべきかを説明していきます。

Read