All Articles

「アウトプットは勉強になる」理論と、勉強のアンチパターンについての考察

「アウトプットは勉強になる」という言葉があります。

この言葉は間違いではないとは思うのですが、個人的には疑問に感じる部分もあります。

というのも、アウトプットの方法によっては、それは勉強の定番アンチパターンをまさにやっているのです。

この記事には、「アウトプットは勉強になる」理論についての自分の考えを、避けるべきアンチパターンに触れつつまとめていきます。

「アウトプット」の定義

まず最初に、この記事での「アウトプット」の定義を明確にしておきます。

広く言えば

  • 勉強会で発表する
  • ブログなどに記事を書く
  • プログラムを書いたり、数学の問題を解く
  • よく分かっていないものをノートに整理する

といったアウトプットがあると思います。

私が「アウトプットは勉強になる」理論で疑問に感じているのは、他人に説明する系のアウトプット、つまり

  • 勉強会で発表する
  • ブログなどに記事を書く

といったものなので、以降この記事ではこの種のアウトプットについて考察していきます。

「アウトプットは勉強になる」理論について

冒頭にも書きましたが、「アウトプットは勉強になる」という考え方について、自分は賛同できる部分と、そうではない部分があります。

すでに詳しい分野のアウトプットは、勉強にならないことが多い

「アウトプットは勉強になる」という考え方の基本は、「アウトプットをきっかけに、強制的に勉強することになるので勉強になる」という理屈だと思います。

ここから導かれる考えとして、「すでに詳しい分野のアウトプットは、勉強にならない」と言えそうです。

たしかに、すでに詳しい分野の発表でも、

  • 細かいケースの調査
  • 他者からのクリティカルな質問

などが勉強になることもあります。

そのため、その分野について徹底的に (世界有数・日本有数といったレベルで) 詳しくなりたい場合は、アウトプットは有効だと思います。

一方、他にも詳しくなりたい分野があったりする場合、すでに詳しい分野のアウトプットで得られる知識は少ないと言えます。

その時間を詳しくなりたい分野の勉強に費やした方が、トータルで得られる知識量は多くなるということです。

日頃勉強する習慣がある場合、アウトプットや準備の時間はロスになりうる

また、「アウトプットは勉強になる」という言葉は、日頃勉強する習慣がない場合に「勉強時間をとるきっかけになる」という意味で言われることがあります。

これはその通りで、普段勉強する習慣がない場合は、アウトプットすると決めると、強制的に勉強しやすいと思います。

一方で、日頃勉強する習慣がある場合は、

  • 日頃勉強する方法で得られる知識
  • その時間をアウトプットや準備に割くことで得られる知識

の比較で考える必要があります。

知識というのは量だけでなく質などもあると思うので一概に測れるものではありませんが、「アウトプットや準備に割く時間を、勉強時間にしたほうが得られる知識が多い」というケースはありえることなのです。

勉強のアンチパターン「きれいなノート」

こういった話の流れに対し、「アウトプットの仕方の勉強になる」と言われることがあります。

具体的には、資料作成や、分かりやすい話し方の練習になるという意見です。

勉強したい分野の勉強と、アウトプットの仕方の勉強は別物

発表や記事の作成が、資料作成や分かりやすい説明の練習になるというのは間違いないのですが、身につくスキルが違うことは忘れないほうがいいです。

  • アウトプットの仕方 (資料作成や説明の仕方) の能力
  • アウトプット対象の分野の知識

の 2 つは別物です。

もちろんアウトプットの仕方の能力は様々な場面で役立ちますし、身につけておいたほうが良いスキルではあります。

しかし、「アウトプット対象の分野の知識」という本来の目的を忘れないことも重要だと思います。

「きれいなノート」を作ってはいけない

そして、発表用などで「きれいな資料」を作ることは、実は勉強としては定番のアンチパターンを踏んでいるのです。

いわゆる受験勉強で、ノートはきれいなのに成績がそこまで上がらないという話がよくあります。

きれいなノートは、「ノートをきれいにすることが目的化し、内容の理解に結びついていない」と言われたりします。

ノートをきれいにしている時間は、ノートがきれいになるだけで、知識は身につかないのです。

自分が何かを理解するためにノートなどに整理することは重要ですが、身につけたい知識を整理するのに十分な程度の整理をすればよく、それ以上ノートをきれいにするのは、知識をつける上では時間のロスなのです。

勉強が得意な人はノートがきれいでは?

これを言うと、「勉強が得意な人はノートがきれい」という反論があるかもしれません。

これは因果関係が逆です。

「ノートがきれいだから勉強が得意になった」のではなく、「勉強が得意だからノートがきれいになる」のです。

勉強が得意だと、

  • 物事の構造を整理する能力が高まる
  • 先生の板書などを忠実に写す能力が高まる
  • 講義内容をすぐ理解できるため、ノートをとるのに割ける時間が増える

といった理由で、結果的にノートがきれいになりやすいだけです。

ノートをきれいにしたから勉強が得意になるわけではないのです。

「そういう論文があるって聞いた」について

「アウトプットは勉強になるという論文があると聞きました」という意見もあるかもしれません。

たしかに私もそういった記事を見かけたことはありますが、論文や実験結果というのは、「限られた特定の前提条件のもとで、そう言えるかもしれなかった」ことしか意味しません

前提条件が厳しく、一般的な場面で成立するとは言えないものも少なくないですし、統計というもの自体、何かを証明して断言できるものではないです。

それから、逆の意見の論文があることも多いです。

アウトプットはやめるべきなのか

ここまで「アウトプットは勉強になる」理論について、疑わしいのではないかという内容を書いてきました。

それではアウトプットをやめるべきなのかと言うと、私はアウトプットはしたほうが良い派です。

アウトプットすることの本当のメリット

私は、「アウトプットは勉強になる」というのは一概に成立しないと思うのですが、それでもアウトプットには以下のようなメリットがあると考えています。

  • 知名度が上がり、仕事に繋がる可能性がある
  • 作成した資料や記事が、後日同じことを調べようとした自分の役に立つ
  • 普段勉強しない分野・あまり詳しくない分野の場合、アウトプットすることを決めると、強制的に勉強時間をとるので知識がつく

こっそり勉強している分野も、それをアウトプットしなければ、周りの人には分かりません。

個人で趣味として楽しんでいる場合はアウトプットもなくていいのかもしれませんが、今や趣味的な活動が仕事に繋がることも少なくない時代だと思います。

気軽にアウトプットしていくべき

私はとにかく、気軽にアウトプットするのがおすすめです。

  • 間違った内容を指摘されるのが怖くてアウトプットできない
  • 会社や組織の体裁を気にして、内容ではなく見た目ばかり整えることになる

といった例をしばしば見かけます。

そういった状況も分かりますが、アウトプットは思い切って始めるしかありません

そして、たとえ発表形式であっても、きれいな資料にこだわる必要はありません。 (私はセミナーで資料ではなくホワイトボードで話すことも多いです)

継続することで、資料作成や説明の仕方も上達しますし、アウトプットのスピードもどんどん上がります。

アウトプットは始めることと、継続することが重要だと思います。

まずは質にこだわりすぎず、とにかく始めてみましょう